読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代は大人の10代

多感な30代が空想や妄想を棚卸しするためのブログ

ビジネスバッグは営業マンにとっての営業拠点である

 

外回りの仕事は、社内と違って業務環境がかなり制約される。

社内業務ならあれもこれもと使うことができるが、外出するときはカバンの中に限られた荷物を入れて、生産性を最大限に高めるために色々なツールを試行錯誤するのが営業マンの常である。

 

私の会社では、営業は基本的に外出している前提なので、事業所に全員分の座席数がなく、平日はほぼ直行直帰を命じられている。

そうなると文房具、モバイルPC、顧客向けに出力した資料など、それなりにかさばるものを一週間分ビジネスバッグにしまいこみ、外回りをするため様々な不都合も発生する。(都内では車もなかなか利用できないでしょう。)

 

しかし、不便・不都合に文句を言っても、売り上げは上がらないし、会社に文句もいえる訳ではなく。。。

ビジネスバッグの中に滞りなく業務を進めるための道具を最大限詰め込んでいる訳で、つまりビジネスバッグはまさに営業拠点な訳である。

 

同じようなことを思い、重いカバンを片手に日々汗をかいている営業マン(同士)たちへ向けて、ビジネスバッグ=営業拠点の使い方などを今後紹介していきたい。

決して、私自身のワークスタイルがすべて効率的であるとは思いませんが、他人のワークスタイルって気になるでしょ?と思うので標本のひとつにでもしてください。