読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代は大人の10代

多感な30代が空想や妄想を棚卸しするためのブログ

妻の悩み事を聞いてあげた話

小売店舗で働いている妻から「最近立て続けにミスをしてしまっている。」と打ち明けられた。

 

ミスの内容としては、品物を入れ忘れたとか金額を間違えたとか、小売店としてはよくあるミスである。そんな時、私の妻は「自分はダメなやつだ」と自分を卑下する癖がある。

私としては、妻に自分を卑下せず心を安らげてほしいと思っているので、溜まっていることを聞いてあげた。聞いた後は彼女に同意を示したのだが、根が深いのかすっきりしないようだったので、こんな話をした。

 

「人間は誰でもミスをするのだから、それを前提にミスをしない仕組みをお店全体で講じるべきだと思う。例えば、レジまわりに金額間違いを起こさないような注意書きを入れるとか。ミスを起こした担当者はいても、ミスの原因はお店の方だと思うよ。」と私の一言目を聞いて、妻は少し目からウロコな表情を見せた。

 

私の考えでは、ミスをした人=オペレーションの欠陥を発見した人である。本人の経験とか集中力を言い訳にせず、誰がやっても同じ事が起こらない仕組みを、組織全体で構築するべきだ。それには当然エネルギーを費やすので、中々現実的ではないかもしれないが、ミスによる損害を被るのは従業員ではなくお店なので、やはりお店の問題として処理する方が適切だろう。

 

妻には少しでも自分のミスを許して楽になってほしいので、そんな事を話してその夜は眠りについた。